スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 出演バンド紹介【even編】 | 出演バンド紹介【the chef cooks me編】 >>

出演バンド紹介【hopomythumb編】

hopomythumb
hopomythumb(ホポマイサム)
ケンタ(Vo/B),クワ(G/Cho/Djembe),タクミ(Vo/G/AnalogSyn(ms-20)),
222(AnalogSyn(moog)/Cho),ケイ(Dr)の埼玉発トライバルエモバンド。
轟音ベースと2台のシンセが絡み合う!hopomythumbの世界へようこそ。

音源を聴いてビビビ!ときて、すぐさま次の週のライブを観に行ったのが今年の3月。
ギター、ベース、ドラムに加えアナログシンセ2台が織りなす独特の世界に
一瞬で心奪われてしまいました。。
シンセ2台と聞くと機械的なイメージを持つ方もいるかもしれませんが、
逆に「とても人間的であたたかい音」というのがライブを観ての私の第一印象です。
企画に出て頂くことが決まった後メンバーさんの話を聞いていて驚いた事がひとつ。
聴く人の耳にやわらかい音で届くように工夫をされているんだそうですよ。
(機材関係のことなので私も詳しくはわからないですが…笑)
hopomythumbの音、あなたのもとへはどう届くでしょうか?
目で!耳で!鼻でw!体中で楽しめるライブは一見の価値あり!!!(あやこ)


たまたま行こうとしてたライブで名前を観たのが最初。
(でも残念ながらそのライブには行けなかったのですが…)
「きっと好きだと思うよ」って言われててむずむずしてたら、
そのちょっとあとにアヤコさんが「ホポさんがすごい!!!」って教えてくれました。
そして『>>』を試聴してびっくり、なんだこれは!
耳だけではまったく想像出来ない世界が私の耳に飛び込んできました。
轟音の渦の中から飛び出してくる色んな音!音!音!
実際にライブを観てその光景にも驚きました(これは観ていただきたい!)。
目と耳で十二分に楽しめる幻想的な世界、
まさにhopomythumbのジャンルは“hopomythumb”。
唯一無二の世界を是非生で体感してください。(ちひろ)

アヤコさんに教えてもらったのが知ったきっかけです。
macを使っているとかシンセ2台とか演奏する時メンバー全員ヘッドフォンをしていると
聞いたのでもっとサイバーなイメージを持っていたのですが、全然ちがう!
ひとつひとつの音はもしかしたら機械っぽいのかもしれないけれど
一体となるととてもナチュラルなかんじになるから不思議。
どんなライブ?と聞かれてもああいうバンドみたいな・・・と例えることは
絶対にできないバンドです。
なので観に来てください!そしてびっくりしてください!(あつよ)
Posted by uin * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: