スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< toosmell的レビュー(For Less To Lake編) | toosmell的レビュー(the chef cooks me編) >>

toosmell的レビュー(soulkids編)

イベント直前になりましたが、続いてはsoulkidsです。


〜soulkids〜
 
メ ンバーの皆さんとは面識ないですがテレビ(今は亡き名番組『音燃え』)に出演してるので見た事ありますね!

あとはフォーレスの連中やら WARPのみんなから名前は聞いたりしていたので知っていましたのですがちゃんと音は聴いた事がなく、この度レビューを書くって事でuinの方々より 『COSMIC HERO』『アネモネ』の二作をお借りして、聴かせて頂きながら書かせて頂いています。

めちゃくちゃポップでわかりやすいリズムワーク、 言葉遊びを随所にちりばめた伝わりやすくストレートな日本詞、日本人特有の泣きのメロディに甘い歌声・コーラスワークで実にキャッチーに自然と耳馴染むサ ウンドで、日本のロックやポップスを聴いて育った方でなかなかこの手のサウンドを『嫌い!』なんて言う方はあまりいないのでは?と。

US MELODIC PUNK〜90s MID EMO〜US/UK ROCK等の影響下なサウンドを日本人ならではな解釈で消化したサウンド、より広い層にアピールせんと「可能性」を探ったかのような試みも随所で聴けて取 れますが、あくまでも軸となっているのは日本ならではな「歌謡曲」から派生した泣き・哀愁味を帯び た馴染みやすいメロディー、といった印象。
非常に『きっかけ』『入口』になりやすい部分を多く含んでいるので 良いのではないかと思います。要は、広く様 々な音楽的要素を内包しているだけに「soulkids」というバンドの音を通して様々な音楽への道筋を提示出来るのではないか?って事です。
 
しかしそういった役割を果たしているバンド・そういったタイプのサウンドのバンドは日本 の中にも正直めちゃくちゃいっぱいいると思いますので、その中でもさらに頭一つ飛びぬけて行く事に期待!といった印象です、間違いなくそういう音楽はどの 時代にも必要なものだと僕は思っていますんで、それならばどれだけ露出してどれだけ突出出来るかが肝なのだと思います。
 
あまりこういった音は自分自身あまり聴かないのですが、それでも周りから自然と話を聞い て耳に入ってくる方々なので、それだけの魅力もあるって事だと思ってます。個人的にこういうバンドにはなりふりかまわずガツガツ貪欲に突っ込んでって欲し いです。そこで巻き込んだリスナー・プレイヤーにさらにその次の「道筋」へつなげられるようなものを提示できれば、最高なんじゃないかな〜と思います。
 
そんな感じです。
見に来るお客さんはこれ読んでどう思うんだろ〜とか思いますけど、僕の率直な 「soulkidsの音源を聴いての印象」なんで。
あ!ただWARPのブッキングやってるぺぇ(メス)に「ライブまじやばいんで見てくださ い!」って言われてるんでそこは楽しみにしてます!
 
 
 
 
toosmell records
赤 石

Posted by uin * comments(0) * -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form